総合経済情報サイト:SankeiBiz

ドコモ、「変態端末」の精神で逆襲 ガラケー技術応用、独自スマホを続々投入

NTTドコモが発表した2画面を備えるスマートフォン「MZ-01K」=10月18日、東京都中央区  NTTドコモが独自のスマートフォンの開発に力を入れ始めた。米アップルなど世界のスマホメーカーや各国の携帯事業者が注目する折り畳み式を、海外通信企業の技術も取り入れていち早く開発。第1弾として年明けに2画面の折り畳み式スマホ「M」を投入する。さらに3画面折り畳み式なども構想中だ。【記事詳細】

企業一覧RSS

自動車

情報通信

電機

メーカー

サービス

投資・マクロ一覧RSS

暮らし一覧RSS

社会一覧RSS