総合経済情報サイト:SankeiBiz

新幹線「のぞみ」の台車亀裂、走行中にできた可能性 運行中止なければ脱線の恐れも

亀裂が見つかった東海道新幹線の台車付近を調べるJRの作業員ら=13日、名古屋市中村区  博多発東京行きのぞみ34号の台車で亀裂が見つかり、運輸安全委員会が新幹線で初の重大インシデントと認定した問題で、亀裂は走行中にできたとみられることが14日、JR西日本への取材で分かった。のぞみ34号は途中の名古屋駅で運行を中止したが、そのまま走行していれば、亀裂がさらに拡大し脱線に至った恐れもあったとみられる。【記事詳細】

企業一覧RSS

自動車

情報通信

電機

メーカー

サービス

投資・マクロ一覧RSS

暮らし一覧RSS

社会一覧RSS