【人工知能はいま 専門家に学ぶ】(5)情報幾何学の創始者、甘利俊一氏が見るAIの世界 (3/6ページ)

2016.5.29 07:00

工学博士理化学研究所脳科学総合研究センター脳数理研究チーム特別顧問・チームリーダー東京大学名誉教授の甘利俊一氏

工学博士理化学研究所脳科学総合研究センター脳数理研究チーム特別顧問・チームリーダー東京大学名誉教授の甘利俊一氏【拡大】

「第二次ニューラルネットワークブームの時には、アメリカの研究者たちが、彼らの研究していることが既に日本で考えられていることもあることを知って、アメリカも日本に一目置くような状況だったのです。逆に、我々からすると、アメリカはまだ考えていなかったんだということを知ったりして、びっくりするようなこともありました」

 そんな状況に、人工知能研究に限らず、いろんな分野でなって欲しい。そうなれば、今の日本の閉塞感も打開されると思う。

「ディープラーニングは、パターン認識、音声認識だとか画像認識だとかが得意で、言語処理みたいなものは苦手と言われているんですが、ディープラーニングの研究者たちは、言語処理もできると思っていて、研究をしているんです。彼らに言わせれば、そもそもニューラルネットワークは人間の脳機能のいくつかの特性をモデルとして作っていて、そのモデルである人間は言語処理ができるのだから、ニューラルネットワークにもできるはずだと言うのです。ただ、それには反論もありまして、論理的推論派の人工知能学者たちからは、脳があっても言語処理能力を持っているのは人間だけで、猿や犬はできないじゃないかと、人間だけが特殊な能力があって言語処理を行えるのだと言い返していたりするのです」

 AIという言葉が誕生してから約60年。昔もテーマは違えど、こういう議論があったのかと想像するとなんだか面白い気がする。人工知能を研究するようなすごく頭の良い人たちでもかってことで。

「カリフォルニア工科大学教授で認知神経科学者の下條信輔さんと話したことがあるのですが、ポストディクション(postdiction)の話をされていて、興味を持ちました。プレディクション(prediction:予言)は良く使う言葉ですが、ポストディクションというものもあるのです。簡単に言うと、後付けで自分の行動や認識の意味を書き換え、再構成する機能が脳にはあるというものです。脳が再構成してしまうので、本人は錯覚したり、時には本当のことをしゃべっているつもりで嘘をついたりもするのです」

ポストディクションとはプレディクションからの造語である