創業者リスペクトの「記念館建設」も怪しい? 鴻海はシャープとの約束守るのか 

 
社名の由来となったシャープペンシルの製作風景の再現ジオラマ=奈良県天理市のシャープミュージアム(織田淳嗣撮影)

 経営再建中のシャープを買収する台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業が、シャープ創業者、早川徳次氏(1893~1980)の記念館をつくることを検討しているという。今のシャープ本社(大阪市阿倍野区)近くに設立する計画なのだそうだが、本社は堺市の堺工場に移ってしまう。一方で同社の歴史や技術などを学べる「シャープミュージアム」(奈良県天理市)を、鴻海がどう処遇するかも懸案になってくる。いずれも国内有数の家電メーカーに育てた早川氏を顕彰する施設で、趣旨がダブる。それでも、鴻海の意向に従うしかないのがシャープの現状だ。(織田淳嗣)

 栄光の歴史

 ミュージアムは液晶パネルを製造する天理工場の敷地内にあり、早川氏が亡くなった翌年の昭和56(1981)年にオープン。小学校の社会科見学などに利用され、これまでに累計60万人が訪れた。予約制で、無料で展示品の案内が受けられる。

 館内入り口で、いかめしい表情の早川氏のレリーフが出迎える。早川氏は大正元(1912)年にシャープを東京都内で創業。社名の由来となったシャープペンシルの製造工程の再現ジオラマが展示コーナーへと誘う。

 関東大震災で家族と工場を失った早川氏は大阪で再起し、大正14年には国産第1号となる「鉱石ラジオ」を開発。研究に汗を流す当時の早川氏の模型も登場し、創業者のたくましさがうかがえる。

 家電の展示は、日本の家電の歴史そのものをたどるものだ。日本初の白黒テレビ(昭和28年)、カラーテレビ(同35年)、国内初のターンテーブルを採用した電子レンジ(41年)、世界初の液晶電卓電卓(48年)など、シャープが時代をリードしてきたことを裏付けるものばかりだ。

 一方でユニークな製品も数多い。シェーバーとドライヤーを合わせた「ひげドラ」(同53年)をはじめ、電卓機能が信じられない人のためにそろばんと一体化して検算できるようにと開発した「ソロカル」(同)などなど。また商品化はされなかったが、左右両側から視聴のできる「両面テレビ」もある。ミュージアムは、早川氏が追いかけ続けた「創意」にあふれた気風を示している。

 薄まる創業家の存在感

 ただ、早川氏ゆかりの品は直筆の書や着物などが並んでいる程度で、それほど多くはない。来館者に積極的に紹介することも少ないようだ

 同ミュージアムは「創業家の自宅に行かなければ、収集が難しい」と説明するが、現在はあまり連絡を取り合っていないという。社内に血縁者はいるものの創業家との関係は薄く、新たに早川氏の遺品を収集できるめどは立っていない。倉庫にも収蔵品はなく、「これ以上の収集は無理」(シャープ関係者)とされる。

 さらに、シャープを退職した元社員の1人は「社内に早川氏の薫陶を直接受けた人は、ほとんど残っていない」と明かす。早川氏は晩年、経営を大番頭で2代目社長の佐伯旭氏に任せたため、社員の前に出ることはほとんどなかった。

 実際のところ、現在のシャープと創業家とのかかわりは決して深くはないのである。

 ミュージアムの地元・天理市は移転を心配

 鴻海は、シャープと買収契約を結んだ4月2日に記念館設立の覚書を交わしている。鴻海が資金的な支援をするという内容だ。

 シャープの次期社長に内定した鴻海の戴正呉副総裁は2日の記者会見で「今の本社の近くに新本社を建て、一番上の方に必ず記念館をつくりたい」と述べていた。だが、新本社は現在の本社近くに建つ可能性はなくなった。堺工場に移転することが決まったからだ。

 記念館構想は、鴻海が創業家に敬意を示すことでシャープとの融和を図ったとみる向きもあるが、シャープ自体が創業家との関係性が薄まっている。それに記念館とシャープミュージアムのコンセプトは重複している。要は同じ器はいらないのである。創業家の存在感が薄らぐ中、新しい記念館をどんなイメージを打ち出せるのか、実現性や実効性には疑問符がつく。

 天理市では、観光資源でもあるシャープミュージアムの移転を心配する声も出始めている。現時点で記念館計画は進行中だが、鴻海サイドは約束を守るのか、その動向が注目される。