「ゲーム音楽」もはやハリウッド級に進化 カプコンで働く作曲家の挑戦

 
目だけではなく、耳でもゲームの世界観を体感してもらおうと曲作りに励むカプコンのサウンドクリエーターの鈴木幸太さん=大阪市中央区(山田哲司撮影)

 ゲーム機の進化に伴ってグラフィックスやサウンドも高品質化し、ゲーム中に使われる音楽はいまやハリウッドの映画音楽と比べても同等、それ以上のでき映えを誇るものも多い。ゲームソフト大手のカプコンでコンポーザー(作曲家)を務める鈴木幸太さん(36)は、目だけではなく、耳でもゲームの世界観を体感してもらおうと日々、曲作りに励む。技術やセンスを磨くのはもちろん、さまざまな音楽や映像に触れるなど、日々の研鑽(けんさん)を欠かさない。(橋本亮)

演出の重責担う

 音大で声楽を学んでいた鈴木さんがカプコンに入社したのは平成15年。「ゲームが好きだったのと、何か音楽に関わる仕事がしたいと考えてた」というのが、コンポーザーの職を選んだ理由だった。以来、ゲーム音楽の作曲一筋で、これまでに千曲以上を手がけた。

 シナリオを読んだり、デザインを見て、キャラクターや使われるシーンのイメージをふくらませ、曲として具現化する。鈴木さんは「キャラやシーンにぴったりとはまる曲ができなければ、ゲームの演出、評価に影響してしまう」と言う。ゲームの「演出家」としての役割も担っているのだ。

 1ゲーム当たりに使われる曲は多いときには100~150曲にのぼる。イメージが湧かず、作曲に行き詰まることも。どれだけ経験を積んでも、センスや技術だけには頼れない。「音楽だけでなく、映画やテレビなどを見たりし、イメージの引き出しを増やしておくことが必要だ」という。

ならではの難しさも

 ゲーム音楽の作曲には、ならではの難しさもある。

 映画やテレビではシーンで決まった曲が流れると、視聴者はそれを受け身の形で聞く。一方、ゲームはプレーヤーは操作一つでシーンの切り替えができる。同じシーンであっても、一つの操作で状況や雰囲気ががらりと変わることもあるため、「ボタンを押すと曲の展開が変わるなどの仕掛けを施すことで、それぞれのプレーヤーの楽しみ方に対応している」と鈴木さん。

 音にも強いこだわりを持つ。荘厳さを出すため、ハリウッドのスタジオで100人規模のオーケストラに演奏してもらったり、イメージ通りの音の響きを出そうと、オリジナル楽器の作成を依頼することもある。

プレーヤーに感動を

 仮想現実(VR)といった最新技術を用いたゲームが登場するなど、進化はとどまることを知らない。

 ゲーム音楽も一昔前はゲーム機の内蔵音源でしか表現できなかったが、高性能化で録音した音なども取り込めるようになり、多彩な表現が可能になった。ゲームをより現実に近づけるため、ゲーム音楽も一段と高品質なものが要求される。

 鈴木さんが作曲する上で常に考えるのは「いかにプレーヤーに感動を与えられるか」。ゲームの進化は表現の幅が広がることにつながる。「これからも新しいことに挑戦していく。ゲームを楽しみながら、こんな良い曲に出会えて良かったと思ってもらえれば」。

カプコンとゲーム

 昭和58年の創業以来、ゲーム業界の先駆けとなる作品を数多く世に送り出している。対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」やサバイバルホラー「バイオハザード」は一世を風靡(ふうび)。プレーヤーが「ハンター」となり、自然の中でさまざまなモンスターを狩るアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズは若年層を中心に好評を博し、「モンハン現象」とよばれる社会現象を巻き起こした。

Read more