VRゲーセン、渋谷に登場 魔法のじゅうたん、等身大野球盤など体験

 
アドアーズが開設するVRゲームセンター。懐かしの野球盤をモチーフにしたゲームも登場する=14日、東京・渋谷

 ゲームセンターを運営するアドアーズは14日、VR(仮想現実)技術を使ったゲームを楽しめる施設「VR PARK TOKYO」をオープンに先立ち、報道陣に公開した。

 東京・渋谷にある既存のゲームセンターを改装し、一フロア全体を施設に転用。等身大の“野球盤”や、空を飛ぶ魔法のじゅうたんに乗って冒険するなど6種類を用意した。利用者は台湾HTC製のゴーグル型端末を装着して楽しむ。

 VR向けゲームは家庭用も今秋発売されたが、床が動いたり風が起きたりするなど、視覚以外にも訴えるのが特徴だ。

 グリーが提供する野球盤は、VR空間の中で投手が投げる球を棒状の端末を振って打つ。このほか、迫り来る敵と剣や銃で戦うなどのゲームがある。VRでバンジージャンプを体験できるゲームも導入予定だ。

 「VR PARK TOKYO」は16日にオープン、70分遊び放題で2900円(2人以上)から。

Read more