世界初、抗がん剤の効果を動画で「見える化」へ コニカミノルタ新技術開発 待望の発明

 

 精密大手のコニカミノルタが、抗がん剤の創薬に役立つ映像技術の開発に着手したことが31日、分かった。がん細胞に抗がん剤が攻撃を仕掛ける様子を動画で詳細に観察できる世界初の技術になるという。薬の効果の有無を確認しやすくして、創薬のスピードアップにつなげる。

 2019年にも実用化し、日本や欧米の大手製薬会社への販売を目指す。

 がん治療では、がん細胞の増殖や転移の原因となるタンパク質を狙い撃ちするタイプの抗がん剤の開発が活発になっている。「分子標的薬(ぶんしひょうてきやく)」と呼ばれ、副作用が抑えられやすいとされる。免疫力を高めてがんを攻撃する「オプジーボ」もこの種類に入る。現在、世界で300種類以上が開発中という。

 ただ製品化では、分子レベルでの検証が必要で、臨床試験(治験)で効果を証明できず、計画が頓挫してしまうケースも増えていた。コニカミノルタの技術は、抗がん剤の働きを動画で確認でき、証明しやすくする。

 抗がん剤とがんのタンパク質をそれぞれ、蛍光色に染める試験薬を開発。すでに超解像顕微鏡などで、ヒトのがんの培養細胞内で抗がん剤が働く様子を約30分間にわたり、撮影することに成功した。抗がん剤が悪性のタンパク質に取り付くように攻撃する動きが確認できたという。

 同社は、写真フィルムや複写機製造で培った同社の化学や画像処理のノウハウを医療分野に応用。仏パリの生物学・医学研究機関「パスツール研究所」などと共同で開発を急ぐ。録画した映像を人工知能(AI)で解析し、分子の減少具合の数値などを分析するソフトとあわせて、セットで普及させる考えだ。

 「製薬会社待望の発明」

 慶応義塾大学医学部の堀内正特別招聘(しょうへい)教授の話「薬ががん細胞を攻撃する様子を鮮明な動画で『見える化』する新技術は、分子標的薬を開発する製薬会社にとって待望の発明といえる。これまで薬が狙うべき標的がつかみづらく、治験が想定通り進まないなど製薬会社が負担を強いられていた。分子標的薬はすでに医療現場で活用されているが、新技術の活用で今後の新薬の改良や開発の円滑化が期待される」

Read more