任天堂「スイッチ」、注目の「触覚」技術を採用 VRなど応用へ各社開発加速

 
「ニンテンドースイッチ」を手にする人たち=3日、大阪市の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」

 任天堂のゲーム機「スイッチ」で特に注目されるのが、新機軸のコントローラーを通して利用者の手にさまざまな「触覚」を伝える技術だ。振動を精密に制御することで例えば、利用者に「氷が入ったグラスを手に持っている」などの感覚を与えることが可能という。この技術は、市場の拡大が見込まれるVR(仮想現実)にとっても重要になるとみられ、ゲーム業界以外の企業もさまざまな分野への応用を探る研究開発を加速している。

 任天堂が「HD振動」と説明するこの機能を活用したソフトが3日発売の「ワンツースイッチ」だ。牛の乳搾り▽ひげそり▽早撃ち対決▽真剣白刃取り-など28種類のミニゲームで構成。画面ではなく、一緒に遊ぶ友人の反応を見ながら楽しめる。2006年に発売したゲーム機「Wii(ウィー)」は複雑な操作を排して成功しており、任天堂は再び、ゲームに習熟していない層を含め、利用者を幅広く取り込む戦略だ。

 触覚技術はVRと組み合わせることで、ゲーム以外の用途にも広がる可能性がある。

 アルプス電気は振動で触覚を表現できるデバイス(電子部品)をゲーム会社などに供給しているが、圧力で堅さや質感を表すデバイスも19年度をめどに量産を始める。将来、災害などで危険な場所にある機器を遠隔地からVRで操作する場合、「視覚、聴覚に加えて触覚も役に立つ」(同社)としている。

 NTTも触覚技術を研究しており、テニスの錦織圭選手のサーブをVRで疑似体験するシステムでは、ボールがラケットに当たった感覚を振動でプレーヤーに伝える。触覚そのものではないが、スマートフォンのケースの振動で手が引っ張られる感覚を表現する技術は視覚障害者の道案内などに役立てることが期待されている。(高橋寛次)

Read more