ドラクエ生みの親、堀井雄二氏に聞く 「自分が遊んで面白いゲームに」

 
ドラゴンクエストシリーズの生みの親の堀井雄二氏

 「ドラゴンクエスト」シリーズのゲームデザイナー、堀井雄二氏との一問一答は次の通り。

 --シナリオの作成やゲームデザインでの工夫は

 「『自分が遊んでみて面白いゲーム』を作る気持ちでやってきた。分かりやすく、めんどくさくないように、というのにこだわった。『11』のシナリオを作り始めたのは、5年くらい前。ファンの方がこれまで通り楽しめるように、ドラクエの“文法”は変えないようにした一方、ストーリーには『これからどうなっていくんだろう』と意表を突く設定も盛り込んだ。難易度は『俺は分かったけど難しいんじゃない』と皆が思うくらいがいい」

 --「11」は、どのような意味で集大成といえるのか

 「(下1桁が)1から始まる11は、新たなスタートとして切りがいい。懐かしい2次元の画像表示や、キャラクターの立て方(個性の出し方)など、10までのいろいろな要素が入っている」

 --国民的なゲームになった背景は

 「30年も続くとは思ってもいなかったので、ありがたい。ファミコンブームやゲームを取り巻く環境の変化の中で、皆さんが、兄弟や友達と遊んだとか、いろいろな思い出と一緒にゲームを覚えていてくれていることが、愛されている理由ではないかと思う」

 --次回作の構想や、今後やりたいことは

 「とりあえず、11の反響を見て考えていきたい。基本的にはこれからもドラクエを中心にやっていく。どれだけユーザーをわくわくさせられるかが重要で、VR(仮想現実)など最先端の技術にも関心がある。『生涯現役』のような感じでいたい」

■ドラクエ最新作、30年の集大成 プレステ・3DS向け同時発売 ゲーム活性化期待

Read more