勢い止まらぬ英国風パブ「HUB」 仕掛け人はダイエー創業者、“進みすぎていた”経営スタイル

 
「HUB」はなぜ成長し続けられるのか

 《英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。[長浜淳之介,ITmedia]》

 英国風パブチェーン「HUB(ハブ)」--。2017年4月に店舗数100店を突破した。6月末の時点で「HUB」87店と、第2のブランド「82ALE HOUSE」15店を合わせて102店。1年前の93店から9店増加した。

 17年2月期の売上高は102億1700万円(前年比7.1%増)、経常利益は7億6400万円(同4.9%増)と順調に伸びている。今期第1四半期の既存店売上高も前年同期比102.3%、客数103.6%と堅調に推移しており、成長し続けている。

 今回はこのHUBについて解説していきたい。

1000円で楽しめる価格

 HUBと82ALE HOUSEを運営しているハブの太田剛社長は「いつでも気軽に立ち寄れる価格を守る姿勢が、顧客に安心感を生んでいるからだ」と、好調の要因を分析している。

 国産生ビール(税込360円)、ハブエール(同490円)など、ワンコインで飲めるビールがあり、カクテルのメイン商品であるジントニックも390円。おつまみも300~400円台で多数そろっている。

 居酒屋のように何杯も飲まなくていい。「1000円でいい気分」が、HUBの目指す日本の風土に合った英国風パブのスタイルだ。

 もともと「PUB」は「Public House」を略した語で、公共の家という意味。英国の国内に数万件あるとされるパブの文化を日本に広めるのが同社の使命だという。仕事が終わり、家に帰るまでのひとときを、行き付けのパブに立ち寄って過ごし、1日の疲れを癒す。家に帰って食事を取った後にまた、近くのパブに出掛けていく。家でも仕事場でもない「サードプレイス」としてパブは受け入れられてきた。

 カウンターでドリンクとおつまみを注文し、気の合った仲間とコミュニケーションを楽しむ。何度も足を運ぶうちに、年齢も職業も性別も違う常連の人々がいつの間にか顔見知りになり、親しく交流するコミュニティーが形成されていく。

 最近は「HUBには幸せになれる出会いがある」といううわさが都市伝説のように広まっている。太田社長によれば「実際にHUBで親しくなって、結婚したという話も複数の店舗で聞いています」という。

ダイエーの創業者が仕掛けた「HUB」

 ハブの創業者は、ダイエーの創業者でもある中内功氏だ。1980年に、英国のパブを体験したことをきっかけに「HUB」を開業した。1号店の神戸三宮店は外国人が集まり、立ち飲みでカッコよく飲む様子が評判になった。

 しかし、話題にはなったものの、当時の日本では自分でお酒を運ぶ「キャッシュオンデリバリー」が普及しておらず、面倒がられてしまい、親会社のダイエーが本業の利益で赤字を埋める苦戦続きの状況が何年も続いたそうだ。

 お酒を飲ませる大衆業態にもかかわらず、軽食以外の食事メニューがないことも顧客が寄り付かない原因だった。しかし、中内氏は「日本には既に居酒屋というアルコールの文化があるが、日本にはない新しいアルコールの文化を根付かせる」ことを説いており、HUBは本場英国のパブのようにドリンク主体の商売を貫いた。最初こそ苦戦したものの、徐々に顧客に受け入れられ、業績を伸ばしていった。

 中内氏がつくる業態は、世の中より数十年進み過ぎているケースが多々ある。外食では、日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」や、ステーキハウスの草分け「フォルクス」も中内氏によって設立されている。グルメバーガーの「ウェンディーズ」、ハンバーグ専門のファミレス「ビッグボーイ」を米国から持ってきたのも中内氏だ。

 他社にマネされて成長できなかったり、後から参入した競合他社に市場を奪われて撤退したりするケースも多いが、太田社長は「中内氏の未来を見通す目の的確さを信頼し、諦めずに挑戦を続けてきた」という。

エールビールやカクテルで女性客を増やす

 “進み過ぎていた”HUBに、世間が追い付いてきた代表例が、英国では一般的なエールビールの提供だ。フルーティーな香りと味を持ち、日本のビールが苦手な人でも飲みやすいエールは、従来のビールのイメージを覆し、若い女性を中心に広く飲まれるようになった。

 近年需要が高まっているカクテルにも力を入れている。午後5時~午後7時のハッピーアワーに来れば30~50%引きとなっており、最安値のジントニックは190円だ。

 また、アルバイトも参加できる新作のカクテルコンテストを実施しており、優秀作品に選ばれると実際に店頭で販売される。そこで反響があった商品はグランドメニューに採用されるのだ。

 他にも、「香り」を重視したオリジナルの新しいトニックウォーターのレシピを監修し、サントリーの協力を得て開発した。

 このように、女性が飲みやすい商品の開発に力を入れることで、客数を伸ばしているのだ。

 同社は24年までに200店の展開を目指す。これまで首都圏、関西、名古屋、仙台に出店してきたが、現在展開していない政令指定都市を中心に広げていく予定だ。

 HUBは古びないように変革を続ける店。これまでのように長い時間をかけて店を熟成させていく姿勢を貫けば、これからも安定的に緩やかな成長が続くのではないだろうか。

■著者プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)

 兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)など。

Read more