米アマゾンが巨大倉庫 モール跡地を活用

 

 米インターネット通販大手のアマゾン・コムは25日、中西部オハイオ州に商品の配送作業を行う巨大倉庫を建設すると発表した。かつて米国で最大だったというショッピングモールの跡地に設ける。実店舗をしのぐ勢いでネット通販が拡大している米小売業界を象徴する動きといえそうだ。

 米メディアによると、ショッピングモールは1976年に開業。有名百貨店などが入っていたが2009年に閉鎖し、14年から取り壊し作業が始まっていたという。

 アマゾンの配送施設は約7万9千平方メートル。2千人以上を雇用し、電化製品やおもちゃ、本といった商品の仕分けや箱詰めなどを行う。(共同)