新型「リーフ」、ひと足先に乗ってみた 新感覚のe-ペダル、やみつきに

特報
日産の新型「リーフ」

 軽快な走りは気持ちよく、アクセルペダル1本での加減速はやみつきに-。日産自動車が約8年ぶりに全面改良した電気自動車(EV)「リーフ」。世界でEV市場が急拡大する中、随所に先進技術を取り込んだ“先駆者”はどこまで飛躍したのか。10月2日の発売を前に、ひと足先に記者が乗り味を確かめてきた。どこよりも早くSankeiBizが特報する。

 ブレーキを踏まずに停止

 新型リーフをひと目見て感じたのはデザインの変化だ。2010年発売の初代は独特な丸みを帯びた外装だったが、新型は人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツを彷彿とさせる尖った鋭いデザインに見直されたためだ。

 日産のテストコース(栃木県)で早速、新型に乗り込んだ。クルマを始動させると、メーター部分が青く光り、いかにも電気で走るEVらしい印象。実際に走らせて見た。アクセルを踏み込むと、滑らかに動き出す反応の良さは、さすがにEV。 コースを道なりに進み、少しずつ速度を上げていくと、少し先に停止線が見えてきた。そこでアクセルを戻すと、ブレーキを踏んでもいないのに、ブレーキが、じわじわとかかっていくのが分かる。停止線の少し前で、アクセルを戻しきると、やや強めのブレーキがかかり、ブレーキペダルを踏むことなく停止した。

 これが目玉技術の一つである「e-ペダル」だ。アクセルの戻し加減でブレーキの強弱が変わるため、慣れるまでは、停止線前で止めてしまうこともあったが、数分もすると感触が分かってきて、止めたい場所にぴたりと止められるようになった。

 気持ちいい加速感

 気になったのは、クルマが止まっているときに、ブレーキランプがついているかどうか。助手席に同乗した日産の説明員に聞いてみると、ブレーキがかかりだしたり、クルマが完全に停止したりしているときには、ブレーキペダルを踏んでいなくても「ブレーキランプは灯っている」とのこと。ちなみに完全停止状態のときには油圧ブレーキが作動しており、動かないようにしているという説明だった。途中で、かなり傾斜がある坂道の中腹でクルマを停車させてみたが、ブレーキなしでも、ぴくりとも動かなかった。

 e-ペダルを使いこなせるようになると、ブレーキいらずで走れるのはかなり楽しく、やみつきに。近年社会問題になっている高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違い事故も、この仕組みが普及すれば、かなり減らせるとも感じた。

 そんなことに思いを巡らせながらクルマを走らせていると、助手席の説明員が「新型は加速性能も高めたんですよ」とアピール。その言葉を確かめるために、長い直線のコースに出たので、一旦クルマを完全停止させた上でアクセルを一気に踏み込むと、あっと言う間に時速100キロメートルに到達した。新型は現行よりモーター出力を高め、0キロから100キロまでの到達時間を15%早めたとのことで、加速感は気持ちが良かった。

 指一本で自動駐車

 新型には高速道路の同一車線で自動運転が可能な技術に加え、自動駐車機能「プロパイロット パーキング」という新たな機能も搭載されている。駐車場でクルマを止めたい場所をインターナビで設定し、センターコンソール部分に配置されたスイッチを指で押し続けることで、指一本で駐車が完了する仕組み。 ハンドルとアクセル、ブレーキ、シフト、パーキングブレーキの操作がすべて自動で行われ、後ろ向きも縦列駐車も難なく、上手にこなしてくれた。システムは4つのカメラと12のソナーで車両の前後左右の状況を把握しているといい、これなら運転に不慣れなドライバーでも安心して乗れそうだ。

 デザインを一新し、1回のフル充電当たりの走行距離を400キロメートルに延ばし、自動運転など最先端の機能も網羅した新型リーフ。初代は国内で累計約8万台の販売にとどまったが、見栄え良し、機能良し、乗って良しの「三方良し」を目指して日産が開発に取り組んだ新型が消費者からどう評価されるのか。要注目だ。(今井裕治)

【特報】変貌遂げた日産の新型「リーフ」、開発秘話に迫る 加速性能、デザイン面で進化

■日産、EV新型「リーフ」を発表 8年ぶり全面改良 10月2日発売

Read more