当事者すべてがウィンウィンに 隠れた心の病、ゲームで治療 ヒカリラボ創業者に聞く

 
心の問題について革新的なアプローチで取り組む清水あやこ氏

 【日本発!起業家の挑戦】

 □ヒカリラボ創業者・清水あやこ氏に聞く

 心の問題について専門的な助けを求めることに対し、日本ではまだ否定的なイメージがつきまとう。これは憂うべき状況だと思う。鬱症状やその他の心の病を抱える成人が相当数いると報告されている現状ではなおさらだ。

 心理ケアのヒカリラボを2015年に創業した清水あやこ氏は、この問題に革新的なアプローチで取り組む。

 --ヒカリラボの事業内容は

 「ココロワークスという、臨床心理士によるオンライン・カウンセリングサービスを提供するほか、認知行動療法の考えに基づく有料の3DRPGゲームアプリ『SPARX』を配信しています。このゲームはもともとニュージーランドのオークランド大学で開発されたものですが、ライセンスを受けて日本語版を提供しています」

 治療をゲームで提供

 --認知行動療法とは一体なんですか

 「不安や憂鬱な気分に対して効果の認められた治療法の一つです。思考、感情、そして行動はすべて相互につながっているというのが基本的な考え方です。ですから、思考を変え、行動を変えることによって、憂鬱な気分を変えられます。たとえば、『今日は悪いことがあったから悪い日だった』と考えて落ち込む人は、『確かに悪いことがいくつかあったけれど、だからといって丸1日が悪かったわけではない』と考えを変えることで、自らの悪い気分に挑み、変化させることができます。最終的には、思考方法をより現実的な見方に導いていきます」

 --なるほど。心理士と一緒に取り組めば効果がありそうなことはわかりましたが、ゲームアプリでそれが学べる仕組みは

 「SPARXでは空想の世界が展開されます。人々の気分のバランスが崩れ調和が保たれなくなり、非常にネガティブになった世界という設定です。ユーザーはヒーローまたはヒロインとして、ネガティブな感情の方向を変えて、この世界を救います。ゲームをプレーしながら、ユーザー自身がポジティブな考え方を身に付けていきます」

 --非常に面白いアイデアですが実際に効果は

 「ありますよ。オークランド大学の研究チームによると、ゲームをプレーするのと対面のカウンセリングは同程度の効果があります。一般的に認知行動療法は本を読んだりカウンセリングに通ったりして学ぶものですが、ゲームでなら続けられるという人もいます」

 --日本での売り上げはどうですか。臨床結果はどうですか

 「国内のユーザーは約2000人です。まだ大きなファンベースではありません。また、国内で臨床試験は行っていません」

 --このビジネスモデルでは、SPARXが厳しい立場に置かれませんか。予算や、ゲーム自体のストーリー展開、操作の点ではゲーム会社と競合することはできませんし、だからといってこれを直接カウンセリングサービスとして売り出すこともできません

 「確かにその通りです。私たちはSPARXを自己啓発ツールと位置づけて市場に出していますが、他の自己啓発ツールとはかなり異なるものです。目指しているのは、鬱症状や不安に悩んでいるけれど、通常の対面カウンセリングを受けるのに抵抗がある人たちにSPARXを届けることです」

 --人口構成で言えば特にターゲットとして検討している層はありますか

 「誰にでも使っていただきたいですが、今までのところ、ほとんどのユーザーが30代から50代の男性です。当然といえば当然のことです。このセグメントは、鬱病を抱える人の率が高いですし、スマートフォンの普及率も高いです。日本では鬱病になるのは男性よりも女性の方がずっと多いのに、自殺率は男性の方が約2倍なんですよ。興味深い数字だと思います」

 --なぜでしょう。症状に違いがあるのですか

 「そういうわけではありません。女性の方が男性に比べて助けを求めることが多いのでしょう。女性の方が友達に相談したり、また臨床心理士などの専門家に助けを求めたりすることが一般的です。男性は親友にすら本当の気持ちをあまり明かしません」

 --それは万国共通かもしれませんね。男性の方がこういうゲームにひかれる理由は分かります。国内の心の病の専門家たちはSPARXにどんな反応を見せていますか

 「残念ながら、とても保守的なコミュニティーなんです。たくさんの精神科医や心理士が国外での研究データを見て、個人的な関心や支持を示してくれますが、表向きは対面の伝統的なカウンセリングから離れることに対して強い抵抗があります。私たちがビデオチャットシステムを使って提供しているオンライン・カウンセリングサービスのココロワークスにさえ、懐疑的な人が多いです」

 --ヒカリラボのサービスは低価格のアプローチで実際に効果があるという研究データもあります。どうして抵抗が大きいのでしょう

 「日本でのメンタルヘルス(心の健康)の捉えられ方は、アメリカをはじめとする諸外国とは大きく異なります。例えば、国民健康保険が適用される治療法は限定されていますし、精神科に通うなど、専門家を頼ることについて社会的に負のイメージがつきまといます。通院を隠したいと思う人も多いです。ですから、精神科医が新しい治療法を試すのがとても難しいんです。鬱症状があると自覚していても治療せず放置する人が75%にのぼっています。そのうち治ると思って問題を長く放置していると、キャリアや家族の生活も脅かされます。この状況をヒカリラボで変えたいと思っています。匿名で、安く、初期の段階でサービスを利用してもらい、多くの人が簡単に専門家の手を借りられるようにしたいです」

 AIとチャット目標

 --AI(人工知能)に基づくカウンセリングのチャットボットも開発しているとか

 「まだ完成までには時間がかかりますが、友達やかわいいキャラクターと話す感覚で、ユーザーがAIとチャットできるようにするのが目標です。認知行動療法をもっとカジュアルな会話形式で取り入れられないかと考えています」

 --チャットボットのビジネスモデルは? SPARXと同じ問題にいずれ直面するのでは

 「社員の健康増進プログラムに採用することに関心を示す大企業が数社あります。人事部はたいてい、全従業員の数%が鬱症状に悩まされていること、そしてこうした従業員の処理能力が低下しており、その結果、全社の能率にも影響していることを知っています」

 --つまり、大企業がそのチャットボットを社員に提供するかもしれないということですね

 「はい。匿名で利用できるようにします。人事部にも、実際にどの人が利用しているか分からないようにすべきです。社員同士が否定的な烙印を押し合うことを防いで、チャットを使ってもらわなくては意味がありません。安価ながら、全従業員の心の健康を守り、仕事の能率を上げられる方法だと思います」

 学会やコミュニティーが現代技術を用いた療法に懐疑的な一方で、国内の大企業はそれを採用することの利益を理解しているという点は、興味深く、また勇気づけられる点だ。

 鬱病をはじめとする心の病に対する社会の見方は未だに否定的だが、この現状が企業経営にもたらす悪影響は数字で測れるほど大きくなっている。それを知る企業は、革新的な製品に投資して事態の改善を図ろうとしている。近年、ワーク・ライフ・バランスの改善に焦点が当たっていることを考えると、今後、メンタルヘルスはもっと注目されるようになるだろう。ヒカリラボのゲームアプリやチャットボットは、拡大するメンタルヘルス市場でますます注目の製品になる。

 関わる当事者すべてが、これほど明確にウィンウィンになれる製品を提供するスタートアップは稀有(けう)な存在だ。

 文:ティム・ロメロ

 訳:堀まどか

【プロフィル】ティム・ロメロ

 米国出身。東京に拠点を置き、起業家として活躍。20年以上前に来日し、以来複数の会社を立ち上げ、売却。“Disrupting Japan”(日本をディスラプトする)と題するポッドキャストを主催するほか、起業家のメンター及び投資家としても日本のスタートアップコミュニティーに深く関与する。公式ホームページ=http://www.t3.org、ポッドキャスト=http://www.disruptingjapan.com/