エアウィーヴに楽天が12億円出資

 

 エアウィーヴ(東京都中央区)はこのほど、楽天を引受先とする約12億円の第三者割当増資を実施した。これにより楽天はエアウィーヴの出資比率で2番目の大株主となる。エアウィーヴは2016年にスマートフォンで睡眠の質を計測する「睡眠アプリ」のサービスを始めている。今回の増資で得た資金は、このアプリで集めた睡眠に関するビッグデータの解析および関連するIoT(モノのインターネット)分野への開発投資、海外事業の強化などに充てる。