カンボジア投資呼び込みに奮闘 アンナアドバイザーズ・荒木杏奈社長

 

 経済成長率7%、主要な流通通貨である米ドルでの投資が可能で、送金規制がないといった点が魅力となり、カンボジアの不動産投資が関心を集めている。しかし、カンボジアに抱くイメージは「地雷」や「難民」と、かつて約20年続いた内戦時で止まっている日本人も少なくない。

 東南アジアの不動産投資コンサルティングを手掛けるアンナアドバイザーズの荒木杏奈社長は、そうした負のイメージを払拭し、カンボジアへの投資呼び込みに奮闘する。

 ◆高級物件を対象に

 暖色の屋根が並び、仏領時代の名残かどこか欧州を感じさせる首都プノンペンの街並み。経済発展に伴い、近代的なオフィスビルや高層住宅の建設も目立つ。日系ではイオンモールや東横インも開業している。海外企業の進出が増える中、外国人駐在員向けの高級コンドミニアムやサービスアパートメントの建設も相次いでおり、アンナアドバイザーズが手掛けるのもこうした物件だ。

 各国大使館や政府機関が並ぶ、日本でいうなら東京・赤坂に相当するようなエリアに建設予定の物件や、サービスアパートメント大手のアスコット(シンガポール)が運営する物件など、1000万~3000万円相当の高級不動産を日本人投資家に紹介する。

 現在のカンボジアを理解して安心感を持って投資してもらうため、日本国内での不動産投資セミナーや、プノンペンへの視察ツアーを実施している。購入後の管理や運営、賃貸の仲介も担う。

 SBIグループで東南アジアの投資環境を調査するなかで、抜群の魅力を持つと感じたのがカンボジアとの関わりの始まりだ。その後、カンボジアと日本の合弁会社で不動産開発事業を担当し、現地で暮らし始めた。1年余りで日本側企業が撤退を決めたことをきっかけに、自ら起業した。

 カンボジアの成長や将来性を肌で感じていたことと、自己資金でカンボジアのコンドミニアムに投資し、成功していたことが背中を押したという。外国人による不動産投資が許可されてから日が浅く、参入余地もあった。

 「旗を揚げてカンボジアに来たのに、1年くらいで帰国することはできない」とのプライドもあった。一級建築士の父と住宅関連の職に就く母の間に生まれ、不動産投資になじみのある家系だったことも起業を後押しした。

 ◆比ダバオに進出

 現在はカンボジア以外にも手を広げている。今年4月にはトライブホールディングスとの提携を発表し、フィリピンのダバオ市で不動産仲介などのサービスを開始した。

 同市はドゥテルテ大統領の地元で、現政権になってから急速に存在感を増した同国第3の都市だ。ドゥテルテ氏が市長時代に行った過激ともいえる犯罪取り締まりにより、治安が格段に改善したことも投資対象としての魅力を高めている。

                  ◇

【プロフィル】荒木杏奈

 あらき・あんな 大手広告代理店セプテーニ入社、その後SBIグループを経て、2012年からカンボジアの首都プノンペンの金融機関に勤務。13年に独立、日本とカンボジアに拠点を持ち、国内・海外の国際不動産サービスを展開。33歳。東京都出身。

                  ◇

【会社概要】アンナアドバイザーズ

 ▽本社=東京都渋谷区渋谷3-10-18

 ▽設立=2015年8月

 ▽従業員=2人

 ▽事業内容=国内外の不動産仲介業、金融・不動産投資に関するコンサルティング業務、不動産の売買・賃貸・管理・内装工事請負・内装クリーニング業務などの提供

Read more