ユーザーの「可能性」AIで数値化 貸し付け条件提示サービス、みずほ銀・ソフトバンクが開始

 

 みずほ銀行とソフトバンクの合弁企業・J.Scoreは9月25日、スマートフォンだけで手続きが完結する個人向け融資(レンディング)サービス「AIスコア・レンディング」を始めた。ユーザーが入力した情報を人工知能(AI)で解析し、ユーザーの「可能性」をスコア化。スコアに応じて貸し付け条件を提示する「日本初」のサービスという。

 メールアドレスとパスワードを登録し、年収、家族の人数などの質問にチャット形式で答えると、ユーザーの「可能性」をAIで分析してスコアを算出。スコアに応じて金利など貸し付け条件が算出され、融資の審査を申し込める。

 好みやライフスタイル、ローン額、資産などを問う質問に追加で答えたり、みずほ銀行・ソフトバンクとの取引情報と任意で連携させると、スコアを上積みできる可能性がある。

 スコアの算出は無料。算出したスコアは今後、さまざまなサービスで活用できるようになるという。

 20~70歳で国内に住んでいれば利用でき、学生や安定収入のある外国人留学生も申込み可能だ。

 金利は0.9%~12.0%(0.1%単位)。みずほ銀行やソフトバンクの情報を連携させれば、金利を最大0.2%引き下げる。

 現在は、スマートフォン・PCに対応したWebサイトで利用できる。今後、スマートフォンアプリの公開や、融資・情報連携のリアルタイム化、借入れの手続き早期化などを進める計画だ。