関西3地銀、経営統合で正式契約締結 「関西みらいFG」全国6位の地銀グループ、来年4月誕生

 

 関西を拠点とするりそなホールディングス(HD)傘下の近畿大阪銀行(大阪市)、三井住友フィナンシャルグループ(FG)系列の関西アーバン銀行(大阪市)、みなと銀行(神戸市)の3地方銀行は26日、来年4月に予定する経営統合の正式契約を結んだ。

 りそなHDが11月に中間持ち株会社「関西みらいフィナンシャルグループ(FG)」を設立し、来年4月に関西アーバン銀、みなと銀がそれぞれ完全子会社として傘下に入る。近畿大阪銀と関西アーバン銀は同月をめどに合併する。

 総資産は3行で計11兆円を超える。京都銀行(京都市)を上回り関西では首位、全国6位の地銀グループが誕生する。金融機関は低金利や人口減少に伴って収益環境が厳しくなっているため、経営統合により規模拡大や効率化を図り、生き残りを目指す。

 統合後は、りそなHDが関西みらいFGの株式の51%程度を保有して連結子会社にする。三井住友FGも、関西みらいFGに22.3~26.3%程度出資し、経営への関与を続ける。

 関西みらいFGの社長には、りそな銀行の菅哲哉副社長(56)が就任する。本店所在地は、りそなHDの大阪本社(大阪市中央区)とし、30年4月に東京証券取引所に上場させる計画だ。