ブランド価値、トヨタ7位に後退 17年 アジア最高位はサムスン

 

 コンサルティング会社の米インターブランドは25日、2017年のグローバル企業のブランド価値評価ランキングを発表した。トヨタ自動車が7位で日本勢首位の座を堅持したが、過去最高だった前年の5位から2つダウンした。前年は7位だった韓国のサムスングループが6位に順位を上げてトヨタよりも上位となり、アジア勢で最高位となった。トップ100位にランクインした日本企業は前年と同じ6社で、顔ぶれも変わらなかった。

 全体の首位は米アップル、2位は米グーグルで、ともに5年連続。3位は米マイクロソフト(前年は4位)、4位は米コカ・コーラ(同3位)。高い成長力の企業の躍進も目立ち、5位は米アマゾン・ドット・コム。15年に初めてトップ10入りして前年は8位に上げたが、今年はトップ5入りを果たした。米フェイスブックは8位(同15位)で初のトップ10入りした。

 トヨタ以外の日本勢の顔ぶれは、ホンダが20位(同21位)、日産自動車が39位(同43位)、キヤノンが52位(同42位)、ソニーが61位(同58位)、パナソニックが75位(同68位)。

 ランキングは2000年に始まり、今回で18回目。ブランドが持つ価値を金額に換算して比較している。

 ■2017年のグローバル企業のブランド価値評価ランキング

 (順位/ブランド)

 1(1)/アップル

 2(2)/グーグル

 3(4)/マイクロソフト

 4(3)/コカ・コーラ

 5(8)/アマゾン

 6(7)/サムスン

 7(5)/トヨタ

 8(15)/フェイスブック

 9(9)/メルセデス・ベンツ

 10(6)/IBM

 …

 20(21)/ホンダ

 …

 39(43)/日産

 …

 52(42)/キヤノン

 …

 61(58)/ソニー

 …

 75(68)/パナソニック

 ※カッコ内は前年順位

Read more