「勇気ある経営大賞」に丸高工業

 
株式会社丸高工業の高木一昌社長=21日、東京・南青山の本田技研工業本社(酒巻俊介撮影)

 厳しい経営環境の中で勇気ある挑戦をしている中小企業またはグループを顕彰する「第15回勇気ある経営大賞」(主催・東京商工会議所、協力・フジサンケイビジネスアイ)の受賞企業5社および奨励賞11社が決定した。大賞は、建築物の耐震補強工事やリニューアル工事を手がける丸高工業(東京都品川区)に決まった。

 同社は建設業界が抱える「3K(きつい、汚い、危険)」による人手不足、熟練工の育成の困難さ、現場管理者不足、土日夜間工事によるコスト上昇と工期長期化などの課題に対応。平成18年から、熟練工不足を補うための「熟練工の作業見える化」と工期短縮を図るための「消音・消塵化」に挑戦したことが評価された。

 今回は155社の応募があり、国際大学の伊丹敬之学長を委員長とする選考委員会が審査にあたった。顕彰式は10月12日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)で行われる。