茅葺き連なる大内宿で時間旅行気分 柳沼愛子

Luxeな日本 ~地元発

 今も昔も訪れる人を癒やす場所が福島県にある。栃木県との県境、下郷町(しもごうまち)にある大内宿だ。

 周囲を山に囲まれ、「人里離れた」という表現を使いたくなるここには、茅葺(かやぶ)き屋根の建物が30軒以上立ち並ぶ。圧巻の光景に、会津若松と日光を結ぶ会津西街道の宿場町として栄えた江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になる。

 街道沿いをのんびり歩きながら、飲食施設や土産物店を見て回る。軒先で「来てくなんしょ」と声をかけられる。会津弁での会話にも癒やされる。忘れてはならないのが、名物のねぎそば。1本のネギをそのまま箸代わりにして、かじりながらそばを食べる。ネギを切らない、刻まないという縁起担ぎから生まれた作法だ。

 震災で激減した観光客も年間約80万人まで回復した。「これが本物の日本」と足を運ぶ外国人旅行者も増えている。アジア系の人が多く、下郷町で外国語講座が開かれることもある。ただ、大内宿観光協会によると、インバウンドはあまり意識しないそうだ。正直、何から始めればいいか分からないと話すが、地区の風情を守らねば、という会津人気質も垣間見える。

 そう、建物だけでなく会津魂を大切に受け継ぐ地元の気概も大内宿の魅力を作っている。

【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

                   ◇

【プロフィル】柳沼愛子

 やぎぬま・あいこ 元テレビユー福島アナウンサー。現在はTVCMに出演する一方で、ウェブサイトコラムも執筆中。

                   ◇

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japanでは全国各地の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もご覧になれます。

Read more