東芝に1400億円拠出 米装置大手、「東芝メモリ」買収めぐり

 
東芝本社が入るビル=東京都港区

 米記憶装置大手シーゲイト・テクノロジーは28日、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の買収を巡り、最大12億5千万ドル(約1400億円)を拠出すると発表した。

 シーゲイトは、東芝と買収契約を結んだ米ファンドのベインキャピタルを中心とする「日米韓連合」に参加。米アップルとデル、キングストン・テクノロジーも含む計4社で総額4155億円を拠出することになっている。

 今回の買収を機に、東芝メモリの主力製品でスマートフォンなどのデータ保存に使われる「NAND型フラッシュメモリー」の長期供給を受けたい考えだ。(共同)