WSJ、米国外の紙版終了 広告減、電子版に注力

 

 米経済紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が紙媒体の「アジア版」と「欧州版」の発行を終えることが28日分かった。WSJの電子版が報じた。紙媒体の広告収入が減り続ける中、電子版に力を入れる。

 欧州では29日付が最後の発行になり、アジアでは10月以降に終了する。東京など一部の地域では代わりに米国版を販売するとしている。

 アジア版は1976年、欧州版は83年に発行が始まった。ここ数年は電子版の購読者数が着実に増えていた一方、米国外での紙媒体の部数や広告収入は急激に減少。発行を続けても採算が合わないと判断した。米国外の支局で働く編集者と記者は配置転換せず、電子版などの記事作成を担う。(共同)

Read more