ドライバーの集中度を判断 オムロンが「見守り車載センサー」開発

家電Watch
センサーは車体前方に配置されている

 オムロンは、ドライバーが運転に集中できる状態かを判断する技術を搭載した「ドライバー見守り車載センサー」を開発、メディア向けの技術説明会を開催した。

 この車載センサーは、ドライバーが運転に集中できる状態かを判断する。近年、自動運転に関する法整備が進んでおり、さまざまな議論が進んでいるが、オムロンでは、現時点での自動運転はまだ完全ではなく、車の中でドライバーをモニターする必要性があるとしている。

 顔認識の精度向上

 「今後、当面主流となる自動運転については、ドライバーに責任がある。自動運転には、レベル0からレベル5まで6段階あるが、今後20年間くらいは、部分的に自動運転となるレベル2以下の進化が続くだろう」(オムロン技術・知財本部センシング研究開発センタ画像センシング研究室の川出雅人氏)

 実際、高速道路を自動運転中に大型トレーラーと衝突するという事故が2016年に米国で発生。その後の調べによると、ドライバーは事故当時に映画を観賞していたとみられる。「レベル2以下の自動運転では、自動運転とドライバーの運転が交互に発生する。そのときにドライバーが運転に責任を持てる状態か否かを、モニタリングする必要がある」(川出氏)

 今回開発した「ドライバー見守り車載センサー」では、3つの指標を搭載する。

 第1に、ドライバーが車の進行方向や周囲の状況を重視しているかどうかを目の開閉状態や視線の方向から、注視しているとしていない(Eyes ON/OFF)の2段階で判断。第2に、ドライバーが運転に復帰できる状態かを、(1)準備ができている(2)短時間でできる(3)復帰するまで時間がかかる(Readiness High/Mid/Low)-の3段階で判断する。第3に、ドライバーが運転席に座っているかについて、座っていると座っていない(Seating ON/OFF)の2段階で判断する。

 同社が20年以上研究を続けている顔画像センシング技術「OKAO vision」による顔情報を細部まで取得。認識の精度を大幅に向上させたことで、マスクやサングラスの着用で顔が隠れている状態でも目の開閉や視線、顔の向きを判断させることが可能になった。

 20年までに量産化

 オムロンでは、今回開発した「ドライバー見守り車載センサー」と心電や脈拍を測る生体センサーを一般家庭の自家用車を含む幅広い車に搭載、運転中のドライバーの多種多様なデータを収集する実証実験を、名古屋大学未来社会創造機構および文科省が推進する産学連携プロジェクトにおいて名古屋大学が提唱する「人と協奏する知能機械の創出」を目指すHMHSコンソーシアム(Human Machine Harmonization System Consortium)と共同で進める。この取り組みを通じて収集した実走行データをさらなる技術開発に活用していくという。

 一方で、今回発表したセンサーについては「2020年までの量産化を決めている」という。オムロンオートモーティブエレクトロニクス企画室経営企画部の小板橋宏礼氏は「昨年行った、車載センサーの発表はあくまで技術発表だったが、今年は市場のめどがついてきた。今後いろいろな自動車メーカーとも協議しながら、タクシーやトラック運転手などプロユースも含めた検討を重ねていきたい」と語った。(インプレスウオッチ)

Read more