奥村組、鉄道施設の補修工事を効率化

 

 奥村組は、自社開発した鉄道施設の補修工事向けの装置を初めて適用した。天井コンクリート表面の削り取り作業を行う際、粉塵(ふんじん)の飛散を防止する装置で、ケレン機という表面処理を行う機械やケレン機を前後左右に移動させる架台などによって構成されている。すでに道路トンネルで実績を挙げており、今回は横浜市交通局が発注した地下鉄関内駅・天井コンクリート面の塗膜除去作業に活用した。

 補修工事では準備・撤去作業などを除く実作業時間が1日当たり1時間半程度しかなく効率よく作業を進める必要があったが、従来の人力施工に比べて施工速度が大幅に短縮できたという。