ビットコイン取引、ゴールドマン・サックスが検討と米紙報道

 
仮想通貨ビットコイン(ブルームバーグ)

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)は2日、米金融大手ゴールドマン・サックスがビットコインや他の仮想通貨の取引業務に参入を検討していると報じた。市場の成長が見込まれるためで、参入すれば米金融大手としては初めてという。

 WSJによると、ゴールドマンの関係者は、検討は初期段階で、進まない可能性もあると話しているという。

 仮想通貨をめぐっては、中国がビットコインの売買を停止させたほか、米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)がビットコインを「詐欺だ」と批判し、取引した従業員を解雇すると言明。一方、米新興企業の中には株式公開の代わりに仮想通貨による資金調達の動きも出ている。(共同)