東京海上が米保険事業買収 AIGから300億円で

 
東京海上日動火災の本社ビル=東京都千代田区

 東京海上ホールディングスは3日、米保険大手AIGの法人向けの保険事業を買収すると発表した。米子会社を通じ15日に約300億円で取得する。国内市場は少子高齢化で市場の縮小が見込まれており、海外事業の強化で収益基盤の拡大を図る。

 買収するのは、企業や団体が従業員向けに福利厚生として運営している社内医療保険を補完する事業。2017年12月期の収入保険料は約400億円を見込んでいる。

 従業員への支払額が一定額を超えた際に保険会社が補償する仕組みで、公的保険が手薄な米国では普及している。

Read more