衆院選、「政策本位で選んで」と榊原定征経団連会長 劇場型やポピュリズムを牽制

 
会見する経団連の榊原定征会長=3日、札幌市(平尾孝撮影)

 経団連の榊原定征会長は3日、札幌市内で開かれた北海道経済連合会との懇談会後に会見し、衆院選挙について「ムードや劇場型といったものではなく、政策本位で選んでほしい」と訴え、小池百合子都知事が率いる希望の党の動きを牽制した。

 榊原氏は「平成21年の総選挙は劇場型とか、ポピュリズム(大衆迎合)的な動きもあって、民主党政権が誕生したが、その3年4カ月、政治は混迷状態、外交が破壊され、経済は低迷した」と語り、「5年前の苦い経験を繰り返してはならない」と強調した。その上で「重要政策課題が山積する中、安倍政権の安定的基盤確保が達成できることを期待する」と語った。

 北海道経済連合会の高橋賢友会長も「北海道の人口減少をいかに解決していくのかが重要で、安倍政権の政策に期待しており、(政権の)長期安定を求めたい」との認識を示した。

Read more