アサツーTOBに応じず 筆頭株主の広告会社 英紙報道

 

 米投資ファンドのベインキャピタルが3日に始めた日本の広告大手アサツーディ・ケイに対する株式公開買い付け(TOB)に、アサツーの筆頭株主である英広告会社WPPグループがTOBに応じるつもりはないことが分かった。3日付の英紙フィナンシャル・タイムズが関係者の話として報じた。

 WPPは、ベインの提案した買収価格がアサツーの株価を「ひどく過小評価している」と判断しているという。WPPが価格引き上げを求める可能性もある。

 ベインはアサツー株の100%取得を目指しているが、50・1%以上の応募があればTOB成立の条件は満たしたことになる。

 アサツーは1998年、WPPと資本・業務提携し、WPPはアサツー株の約25%を保有している。アサツーは2日、提携の効果が小さいとして提携解消を決めた。(共同)

Read more