ソニー PS4販売、累計7800万台 ネット配信柱に成長図る

 
販売が好調な「プレイステーション(PS)4」(ブルームバーグ)

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の家庭用ゲーム機プレイステーション(PS)4の販売台数が、2017年度中に累計7800万台に達する見通しであることが3日分かった。ソニーは好調なPS4が牽引(けんいん)するインターネット配信事業を収益の柱の一つにしたい考えで、SIEの経営陣を刷新し成長加速を図る。

 SIEの社長を務めていたアンドリュー・ハウス氏(52)が共同通信のインタビューで明らかにした。同氏は3日付で会長に就任。PS4の販売ペースは歴代最も売れたゲーム機であるPS2を上回っている。17年度中にはPS2の累計出荷台数1億5500万台の半数に到達する見込みだ。

 SIEが手掛けるPSのネットワークを通じたゲームや映像の配信事業は、17年4~6月期の売上高は前年同期比で約35%増えている。ハウス氏は配信事業が「17年度下半期も最も期待できるビジネスだ」と述べ、成長をリードすると見通した。新作ゲームをダウンロードで購入する人が増えており、売り上げ拡大につながっているという。

 ハウス氏は「ネットワークが使えることで、PS4はゲーム機というよりも総合エンターテインメント機になっている」とも話し、任天堂が7月に発売し人気を集めている「ニンテンドースイッチ」とはすみ分けができていると指摘した。

 ソニーは3日、SIEの社長に小寺剛副社長(47)が同日付で昇格したと発表した。小寺氏は、ネットを使った動画配信やテレビ視聴といった新サービスに詳しい。

【プロフィル】小寺剛

 こでら・つよし 学習院大卒。1992年ソニー。ソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナルプレジデントを経て2016年4月からSIE副社長。兵庫県出身。