滝沢鉄工所、岡山の新工場が稼働

 

 工作機械製造の滝沢鉄工所は、岡山市北区の本社工場内に建設していた新工場「本社第5工場」の稼働を始めた。複数台の工作機械とロボットなどの周辺機器とを連結して自動化された生産ラインを構築する「ターンキー」関連の受注増に対応する。投資額は8億円。主に数値制御(NC)旋盤の製品組み立てなどを行う。鉄骨2階建てで延べ床面積は約3100平方メートル。2階部分で組み立てたユニット部品を1階の製品組み立て工程に供給することで、工程全体のリードタイムを短縮させた。

Read more