ベンチャー企業の海外展開を後押し

 

 東京都は、都内の起業家を対象にした海外進出支援プロジェクトを始めた。「グローバル・ベンチャー創出プラットフォーム事業(X-HUB TOKYO)」は、海外の法制度や英語でのプレゼンテーション技術などを専門家から学び、創業初期のベンチャー企業の海外展開を後押しする。プログラムは約3カ月間で、海外企業の新規事業担当者やベンチャーキャピタル(VC)の投資担当者が集まったイベントなどに参加する機会もある。第1弾として、米東海岸に進出を考えるベンチャー企業5社を募集している。締め切りは今月13日。

Read more