Jトラスト インドネシア事業、小口債権増やし黒字化

現場の風
Jトラスト浅野樹美常務

 □Jトラスト常務・浅野樹美さん(47)

 --2017年4~6月期でインドネシア事業の営業損益が黒字転換した

 「大口債権を減らし小口債権を増やすといったポートフォリオの入れ替えで調達コスト(平均預金金利)は着実に低下し、赤字にならない体質をつくった。一方で不良債権など“負の遺産”も残るので18年3月期の黒字化に向けて格闘中だ」

 --18年3月期は24億円の営業利益を目指している

 「中小企業向けローンを扱うチームを拡充し、小口債権をさらに積み増す。コアバンキング(基幹システム)は11月中旬に入れ替え、ネットバンキングサービスなどを充実させる。人気俳優のCM採用による広告効果でブランド力も向上しており、顧客満足度を高めていくことで目標達成を目指す」

 --店舗網の拡大は

 「グループの割賦販売金融会社グループリースファイナンスインドネシアがPOS(簡易営業拠点)を増やしており、今年3月に24だった拠点数は60を超えた。対象もクボタの農機具だけだったが、バイクのほか、インドのタタ・モーターズと8月に提携しピックアップトラックも加わった。(貧しい人たちに小口の金融サービスを提供する)マイクロファイナンスの取り扱いも始めた。POSの仕組み・基盤ができたのでネットワークを広げていく。拠点は来年には数百に達する見込みだ」

 --東南アジアへの進出は

 「インドネシアのビジネスをコピーしながら展開する。そのためには現地のJトラスト銀行インドネシアの増資が不可欠で、停止中の株式取引を再開して資金調達できるように準備しておく。自ら進出してもいいし、M&A(企業の合併・買収)を仕掛けてもいい。2、3年後には進出できる態勢を整えビジネスを拡大していく」

                   ◇

【プロフィル】浅野樹美

 あさの・しげよし 東京工業大工学部電気電子工学科専攻。1994年東京ガス入社。アイリバー・ジャパンなどを経て2012年Jトラスト入社。15年取締役、16年から現職。岐阜県出身。