働き方改革に貢献するRPAの展開第1弾

提供:@Press

インフォコム株式会社(東京都渋谷区)は、「NICE RPA」の導入を促進するため、当社の企業向けITサービスに容易に連携できる「インフォコム デジタルレイバー・ソリューション」を2017年10月から提供開始します。

【背景】

企業の業務システム担当者は、日々運用やメンテナンス、更には問い合わせ対応などに時間を取られています。そのため、業務改善や生産性向上を企図し業務システムを導入したにも関わらず労働時間が減らない、また一方では属人化が進むなどの課題が指摘されています。このような状況で働き方改革が求められ、定型業務を効率化するニーズが高まる中、そのソリューションの1つとしてRPA※の活用が検討されています。
インフォコムグループは、企業が導入の検討を進めているRPAについて、業務効率化を支援する既存のITサービスと連携した使いやすいソリューションとして構築しました。
※RPA:Robotic Process Automationの略。ロボットによる業務の自動化のこと。

【NICE RPAについて】
・イスラエルのNICE社が開発したRPAで、世界各国で200社以上の導入実績があります。
・一般的にRPAは、人が行う定型業務を自動化して作業時間を大幅に削減しますが、NICE RPAは、定型業務を一気に行う全自動ロボットと、プロセスの途中で人の判断や承認を加える半自動化ロボット(アシストロボット)の2つの機能を持っています。これらの組み合わせにより、幅広い業務への適用が可能です。
・日本では当社グループのログイット株式会社(東京都豊島区 代表取締役社長 小宮泰喜)が販売します。[価 格]¥1,320,000~(税別)
(サービス紹介サイト) https://www.logit.co.jp/product/nice-advanced-process-automations.php

【エンドースメント】
<NICE Japan Ltd. Country Manager. Mr.Ezer Alshech>
“We are proud to be selected by Infocom as the APA (Application Process Automation) Software provider. With joined collaboration, using APA we will help Infocom customers’ to digitalized their labor, provide a better working environment, and ensure their customers will gain the best experience ever.”

【インフォコム デジタルレイバー・ソリューションについて】
RPA 連携により構築したインフォコム デジタルレイバー・ソリューションは、各製品・サービスに対応した最適なRPAテンプレートを組み合わせることで、利用方法が分かりやすく、システム導入時の負担が軽減されるため、業務担当者は導入直後から効率的にご利用頂くことが可能です。

【今後の展開】
インフォコムは、この度のRPA市場への本格参入以降、業務効率化を実現する企業向けITサービスの提供に加え、「RPAとERP/周辺システムとの連携」、「様々なクラウドサービスへのRPA組込」等の更に付加価値の高いサービスを提供し、RPA関連ソリューション全体で2020 年度売上高 20 億円を目指します。

リリースの詳細はHPをご覧下さい。
http://www.infocom.co.jp/info/press/2017/p17100601.html

以上

※本資料に記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。

Read more