アジア経済連携で日韓協力 経団連と全経連、都内で会合

 

 経団連は20日、東京都内で韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)と会合を開き、アジアの経済連携に協力して取り組むことを確認した。共同声明では経済成長の持続には質の高い貿易ルールが欠かせないと指摘。日中韓自由貿易協定(FTA)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期締結の必要性を訴えた。

 経団連の榊原定征会長は「日本と韓国は重要な貿易相手国で欠くことができないパートナーだ」と強調した。

 全経連の許昌秀会長は「北朝鮮問題で北東アジアの安全保障は不安定な状態が続いている。経済界も協力を強化していきたい」と応じた。

Read more