小林喜光同友会代表幹事「政治の継続性保たれたこと歓迎」

衆院選
経済同友会の小林喜光代表幹事

 経済同友会の小林喜光代表幹事は22日、自民・公明の連立与党大勝に対し、「政治の継続性が保たれたことを歓迎したい」とのコメントを発表した。

 さらに「今回は18歳、19歳の若者にとって、初の政権選択選挙で、今後の国会論戦では若年層の未来を左右する諸課題である生産性革命、人づくり革命、社会保障などを、財政健全化とともにわかりやすい論戦を期待したい」と要望。憲法改正については、「(憲法改正が)現実的になる中で、国民にみえる形での丁寧な論戦を期待したい」とした。

Read more