情報医療、AIで内視鏡の動画分析

 

 医療情報ベンチャーの情報医療(東京都千代田区)は、国立がん研究センターなどと共同で人工知能(AI)を活用し、内視鏡で撮影した動画を分析する技術の開発に取り組む。このほど日本医療研究開発機構(AMEDO)の2017年度「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業」に採択された。AI技術の一種である機械学習や深層学習(ディープラーニング)を活用し、内視鏡撮影動画をコンピューターが自動で学習することでロボット手術の技術向上を図る。

Read more