生保、代理店への上乗せ報酬自粛へ

 

 生命保険業界が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛する方向で調整していることが30日、分かった。代理店が報酬の高い商品の販売に力を入れるために顧客のニーズと食い違うケースがあり、批判が高まっているため。業界団体の生命保険協会が来年度にも自粛を促す。

 上乗せ報酬は、商品を一定数以上販売したり、キャンペーン期間中に契約したりした場合、手数料を上積みして支払うもので、顧客が受けるサービスの内容とは関係がない。強力な営業網を持つ大手に対抗するために、新規参入組が顧客拡大に向けた戦略の一環で採用してきた。

Read more