八幡屋礒五郎 七味唐辛子280年の老舗 顧客とは細く長く

長野発 輝く
善光寺門前にある八幡屋礒五郎の店舗。観光客でにぎわっている=長野市

 長野市の善光寺門前にある「八幡屋礒五郎」は創業280年を誇る七味唐辛子(とうがらし)の老舗だ。江戸時代から続く歴史の中でその名は信州から全国へと広がり、東京・浅草「やげん堀・中島商店」、京都・清水の「七味家本舗」と並ぶ「日本三大七味」としても知られる。

 創業は1736(元文元)年。江戸幕府第8代将軍、徳川吉宗の時代にまで遡(さかのぼ)る。初代、室賀勘右衛門が、善光寺の境内で売り出したのが始まりとされる。

 ◆善光寺参りの手形

 七味唐辛子の素材は、「唐辛子」「紫蘇(しそ)」「胡麻」「山椒」「生姜」「麻種(麻の実)」「陳皮(ミカンの皮)」の7種が定番として知られる。県北部の旧鬼無里村(現・長野市鬼無里地区)周辺では当時、陳皮以外の全ての材料が栽培されていたという。素材にも恵まれ、信州ならではの独特な風味を持った七味唐辛子が生まれた。

 7種の素材は漢方薬の元になる生薬としても知られている。善光寺へ、病の治癒を祈りに参拝に訪れた人たちが薬代わりに七味を買って帰っていった。

 「善光寺参りの手形」とまで言われた七味唐辛子は、料理の引き立て役として食卓に上り、県民にも広く愛された。1998年の長野五輪を機に信州を代表する土産物として全国に知られるようになった。

 「お客さまとは細く長く付き合っていく」

 創業当時から貫かれてきた姿勢だという。調味料は風味が命。利益を求めて一度にたくさん売ろうとせず「使う分だけ」を販売することを社是とする。

 9代目の室賀豊社長は「新鮮で上質な商品を提供しているという自信がある。お客さまには最高の状態で味わってほしい」と話す。現在、取り扱う商品は100点を超える。唐辛子を使ったマカロンやジェラートといったスイーツのほか、七味の素材を使ったハンドクリームなども人気だ。2014年には、善光寺門前の本店に七味の素材で作った軽食や飲み物を提供する「横町カフェ」を開店した。客の好みで約30種の素材から選んだ7種を調合できるサービスも人気を集めている。

 ◆国産新品種を開発

 江戸時代から続く老舗は近年、原点回帰を目指す新たな挑戦に取り組んでいる。七味原料の多くを県外や海外産でまかなっていた04年。「門前の味」を取り戻そうと、社長自ら農家を訪ね、当時の品種を探し回ったが見つからなかった。

 南米アマゾン河流域が原産地とされる唐辛子。他県で多く栽培されている在来種では辛みや生産量が安定せず、冷涼な気候の信州における栽培に適した品種を作り出す必要があった。06年、唐辛子の研究で知られる信州大学大学院農学研究科の松島憲一准教授とともに新品種の研究に着手した。着想から10年が経過した14年、冷涼な気候条件下でも「早く実り、完熟する」「辛みが安定している」「収穫量が十分にある」という3つの条件を満たした新品種「八幡屋礒五郎M-1」が完成した。昨年8月には、品種登録が完了。今年から本格的な栽培に取り組んでおり、10月上旬には約3200株を収穫した。

 現在、国内産の唐辛子と海外産の唐辛子の価格差は3~5倍。国内産が海外産に取って代わるには、安定生産ができる体制を確立する必要がある。

 「われわれはまだ目標に向かう途上にいる。信州を訪れた人たちにとって『とりあえずの土産に』ではなく『自分のために』と思って買ってもらえる商品でありたい」

 江戸時代から続く老舗の9代目はそう言って腕をまくった。(三宅真太郎)

                   ◇

【会社概要】八幡屋礒五郎

 ▽本社=長野市柳町102-1

 ▽設立=1736年

 ▽資本金=1000万円

 ▽従業員数=79人

 ▽売上高=11億円(2016年2月期)

 ▽事業内容=七味唐辛子製造、販売

                   ◇

 □室賀豊社長

 ■培った技術で新分野にも挑戦

 --創業280年の老舗だ

 「小さい頃から家の中に常に唐辛子の香りが漂っていて、突然目が痛くなるようなこともあった。店舗は善光寺門前にあってこの街とともに成長してきた。これからも地域貢献のために長野市を訪れた方の滞在時間を伸ばせるよう店舗やカフェを充実させていきたい」

 --日本三大七味の一つだが

 「3社で使っている素材も作り方も違う。三大七味ということで互いに張り合うというのではなく、老舗同士で協力できる関係が作れたらいい」

 --今年から「M-1」の本格的な栽培が始まった

 「国産の唐辛子を使いたいという要望はお客さまからもある。栽培量をさらに増やして、輸入物に対して3~5倍ほどの価格差がある国産品の価格を下げるのが目標だ。今のままでは国産や地元産では商売にならない。価格差を2倍くらいに縮め付加価値を高めて売りたい」

 --調味料としての可能性は

 「調理方法とか食文化というのは時代に合わせて進化していくものだと思う。オリジナルの調合もどんどん開発している。うちの七味は良い意味で一つ一つの素材が自己主張していないので料理の味を邪魔しない。七味は和食だけでなく、洋食も含めて新たなジャンルの食べ物と出合って新しい食べ方が生まれていくものだと考えている。こちらから提案していきたい」

 --海外戦略は

 「現在、香港と台湾の高級スーパーには年間2000個くらいの商品を卸している。うちの商品は国内でも大手と比べれば、価格差で3倍くらい高い。海外でもこだわった商品を求めている人に売りたい。アジアを中心に販路を拡大していく」

 --今後の目標は

 「メインは七味唐辛子の製造だが、調味料、スイーツ、化粧品に限らずジャンルを広げたい。培った技術を生かせる新分野にも挑戦していくつもりだ」

                   ◇

【プロフィル】室賀豊

 むろが・ゆたか 立正大文卒。1985年八幡屋礒五郎に入社。営業や製造などを経験し、2004年から現職。趣味は料理と読書。56歳。長野県出身。

 ≪イチ押し!≫

 ■素材生かしたスイーツや化粧品も

 七味唐辛子の老舗だが、近年は七味の素材を生かしたスイーツや化粧品にも力を入れる。

 化粧品は、トウガラシエキスに含まれる保湿成分や血行を促進する血管拡張作用に着目し、2015年から販売している。ハンドクリーム▽ボディークリーム▽フットクリーム▽リップクリーム▽練り香水2種類の6品目だ。七味唐辛子に含まれる成分を、それぞれの製品特性に応じて配合している。

 10年ほど前に参入したスイーツで人気なのは「七味マカロン」。アーモンドパウダーとメレンゲで作った生地にバタークリームを挟んだ洋菓子だ。クリームには、唐辛子やユズ、ショウガなどをそれぞれ混ぜた7種類の味がある。14年からは焙煎、粉砕といった七味唐辛子の製造で培った技術を生かし、カカオ豆から作った高級志向の板チョコも販売している。

Read more