シャープ、「ヘルシオグリエレンジ」を12月発売 単身・共働き世帯に目線

 
シャープが12月に発売するウォーターオーブンと電子レンジの機能を兼ね備えた「ヘルシオグリエレンジ」=8日、大阪府八尾市

 シャープは8日、過熱水蒸気を用いたウォーターオーブンに電子レンジ機能を加えた「ヘルシオグリエレンジ」を12月中旬に発売すると発表した。想定価格は5万9400円。

 昨年10月に発売したウォーターオーブン専用機「ヘルシオグリエ」は、水蒸気を活用して揚げものなどの料理を出来たてのように温められる機能が特徴。シニア層を中心に人気となり、計画の1.6倍となる年間10万台を販売した。

 だが、冷凍食品の解凍や煮物の温めには不向きだったため、新製品にはそれを補う電子レンジ機能を追加。冷凍食品や総菜をよく購入する単身者や共働き世帯に受け入れられるよう改良した。

 担当者は「料理を温めるシンプルなニーズに根ざした商品で、月産8千台を目指す」と話した。

 また、シャープは来春からヘルシオグリエを北米市場でも販売する方針を明らかにした。全世界でウォーターオーブンの普及をねらう。

Read more