日本マクドナルド、「マック」VS「マクド」効果で最終利益5倍増

 
ツイッター上での「マック」「マクド」対決で「マクド」が勝利したことを受け、関西弁表示になったマクドナルド公式ホームページのメッセージ

 日本マクドナルドが8日発表した平成29年1~9月期連結決算は、最終利益が前年同期比4.8倍の154億円と大幅増益だった。8月行った東西の愛称(マック、マクド)対決キャンペーンで客足を伸ばし、売上高が1871億円と13.2%増、営業利益は150億円と4倍増した。

 既存店売上高が8四半期連続のプラスとなったが、10~12月期は前年の好調を背景に、伸びの鈍化も見込まれる。通期売上高を9.6%増の2485億円、営業利益は2.4倍の165億円、最終利益を3.7倍の200億円とする8月公表の見通しは据え置いた。

 期末店舗数は前年より14店少ない2897店。中沢啓二執行役員は決算会見で「年内は既存店の改装を優先して顧客満足度を向上させ、今後の成長へ向けた種をまきたい」と述べた。本格的な出店拡大は来期以降となる。

Read more