静岡銀9月中間、5年ぶり増益

 

 静岡銀行が7日発表した2017年9月中間連結決算は最終利益が前年同期比72.4%増の249億円となり、中間期として5年ぶりの増益となった。

 静岡銀は持ち分法適用会社であるマネックスグループに絡み、前年同期に「のれん代」を一括で償却しており、その反動で増益となった。本業のもうけを示す単体の実質業務純益は45.0%減の207億円だった。18年3月期の連結最終利益予想は460億円と据え置いた。

Read more