メトロコマース「Bトレインショーティー」2種

新商品
「銀座線1000系特別仕様車」(右)と「日比谷線13000系」

 実物を忠実に再現した、先頭車と中間車の2両セットの鉄道模型が登場。ラインアップは東京メトロの「銀座線1000系特別仕様車」、「日比谷線13000系」の2種類。いずれも150分の1スケール。彩色済み。価格は各2300円。

 「銀座線1000系特別仕様車」は銀座線開通当時の旧1000形をモチーフにした。旧1000形は、通常の1000系とは異なり前照灯の一灯化、内装の手すりおよび握り棒を真鍮(しんちゅう)色に変更されている車両。旧車両でなじみ深い、ポイント通過時に点灯した非常灯も再現した。

 「日比谷線13000系」は、今年3月25日から本格運用を開始した日比谷線13000系をモチーフにした。13000系は直通運転を行っている東武鉄道70000系と共同設計されており、全長20メートル・7車両・4ドアの仕様になっている。フリースペースや優先席の位置なども統一されている。通販サイト「メトロの缶詰」、グッズショップ「メトロス 押上店」、東京メトロ定期券発売所(中野、西船橋、綾瀬、副都心線の渋谷は除く)、地下鉄博物館、書泉グランデ、書泉ブックタワーなどで販売中。

 (電)03・5246・8124

 www.metocan.com

Read more