資生堂、米ベンチャー買収 カスタマイズ AIで強化

 
資生堂本社=東京都(ブルームバーグ)

 資生堂は8日、人工知能(AI)関連ベンチャーの米ギアラン(マサチューセッツ州)を買収したと発表した。買収額は公表していない。

 消費者一人一人の好みに合わせてカスタマイズした化粧品に加えて、ネットを介したカウンセリングや販売でギアランの技術を役立てる。

 ギアランは米ノースイースタン大学から独立した研究所が前身で、AI専門家のレイモンド・フー氏が昨年設立した。ビッグデータや拡張現実(AR)を使い、パソコンやスマートフォンの画面上でメーキャップを施したり、肌の色を測定したりする技術に定評がある。

 資生堂は1月にも化粧品ベンチャーの米マッチコー(カリフォルニア州)を買収している。マッチコーは、消費者がスマホのアプリで測った肌の色に合わせてファンデーションを作り、オンライン販売している。資生堂では今後、グループの技術開発部門と買収したベンチャー2社の連携を図り、カスタマイズ化粧品やデジタル分野の取り組みを強化する方針だ。

Read more