丸井、来秋にも水戸店閉店

 

 ファッションビルを展開する丸井グループは9日、水戸市の丸井水戸店を来年秋にも閉店すると明らかにした。2017年4~9月期で水戸店の取扱高は前年同期比で2割減となるなど売り上げ不振が続いたため。この日発表した9月中間連結決算では、水戸店関連の特別損失として16億円を計上した。

 水戸市には1970年に出店し、93年に現在入居するビルに移ったが、市中心部の商業地域の空洞化から収益が悪化した。

 丸井水戸店が入居するビルは水戸市などが出資する不動産管理会社が保有している。

 9月中間決算の売上高は1.4%減の1145億円、最終利益は20.6%増の93億円だった。

Read more