昭和の面影、また一つ…消える“我らが3番館”、尼崎・塚口「さんさんタウン」最大ビルが11月15日閉館

 
立て替えのため今月15日に閉館する塚口さんさんタウン3号館=10日、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影)

 兵庫県尼崎市の北の玄関口、阪急塚口駅前の商業ビル「塚口さんさんタウン」で最大規模の「3番館」が15日、39年の歴史に幕を閉じる。スーパーや多くの専門店が入居し市民の暮らしを支え続けてきたが、4年半後にマンション中心の高層ビルに生まれ変わる予定。常連客は寂しさを募らせ、思い出を集めた映像づくりを進める人もいる。(中井芳野)

 さんさんタウンのビル3棟は昭和53年7月、駅前再開発事業によって開業した。3棟の中で延べ床面積が最も大きい(計約3万4千平方メートル)3番館は6階建てで、旗艦店のスーパー「ダイエー」のほか婦人服専門店や飲食店など、最盛期には約80店舗が営業。屋上には観覧車もあり、多くの家族連れでにぎわった。

 ところが、近隣に大型ショッピングモールが相次いで進出したことなどで客足は徐々に遠のき、平成24年ごろには3番館で営業を続ける店は50店舗を切るなど、空きスペースが目立つようになった。

 30年来の常連客という近所の主婦、三木弘子さん(77)は「若者にはショッピングモールの方がいいかもしれないが、さんさんタウンの方がなじみがあって落ち着く」とつぶやく。

 運営会社によると、1、2番館は耐震工事を終えて営業を続けるが、3番館は集客力の低下もあり今年2月、建て替えが決まった。15日の閉館後に解体し地下1~地上2階が商業施設、3階以上がマンションの16階建てビルを新築。34年4月の開業を目指すが、「さんさんタウン3番館」の名称が引き継がれるかは未定で、現在の店舗全てが移るわけではない。

 戦前から続く和菓子店「杵屋」は、閉館とともに廃業を決断した。2代目として夫婦で切り盛りしてきた内藤奉子(ともこ)さん(72)は「ここが“第二の家”。お客さんからは『続けてほしい』と言われるが、新しい場所で店を構える元気はもうない」と打ち明ける。

 「息子の誕生日は、いつも3番館の洋食店で祝うと決めていた」。3番館内に事務所があるNPO法人「あまがさき環境オープンカレッジ」副理事長、渡辺真理さん(56)は振り返る。阪神大震災後の約20年前に塚口駅近くに引っ越し、まだ幼かった子供を連れてよく3番館に通った。

 愛着のある場所の記憶を残そうと、渡辺さんは1番館の映画館「塚口サンサン劇場」と共同で、3番館の写真を用いたコマ撮り映像の制作を進めている。閉館直前の12日に同劇場で公開予定で、「3番館がなくなっても、映像にすれば子供や孫に思い出を語ることができる」と話している。

Read more