ガスヒートポンプエアコンの累計販売台数30万台を達成

提供:共同PRWire
<「GHPXAIRII」Kシリーズ室外機>

2017年11月10日

ヤンマーエネルギーシステム株式会社

ガスヒートポンプエアコンの累計販売台数30万台を達成

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711107787-O1-wf9piU7c
<「GHP XAIRII」Kシリーズ室外機>

 ヤンマーエネルギーシステム株式会社(本社:大阪市、社長:中島史雄)は、1987年に本格的にガス空調市場へ参入して以来、主力商品であるガスヒートポンプエアコン(GHP)の累計販売台数が2017年11月時点で30万台を達成しました。

 ヤンマーがこれまで積み上げてきた節電効果は原子力発電所約4基分※に相当し、日本国内においては国策としての電力負荷平準化と、CO2排出量の削減に大きく貢献してまいりました。災害時などの停電によるリスク対策として、電源自立型GHP(ハイパワープラス)の大型商業施設や学校などへの納入も進んでいます。また、当社は2015年10月に、高効率化や環境性能の向上に加え、室外機筐体のフラット化や外観デザインを一新した「GHP XAIR(エグゼア)II」Kシリーズを発売するなど、業務用エアコン室外機のイメージを変える取り組みも行っています。

 2017年でGHP販売開始30周年を迎える当社は、今後もお客様のニーズにあった商品やソリューションを提供することで、省エネルギーな暮らしを実現する社会を目指してまいります。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711107787-O2-H3hTShF6
<ヤンマーGHP販売30周年・30万台達成記念ロゴ>

ヤンマーのGHPについて
https://www.yanmar.com/jp/energy/ghp/

※ 原子力発電所約100万Kw発電換算。当社試算。

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

Read more