10月、印乗用車販売4カ月ぶり減

 

 インド自動車工業会は10日、10月の国内乗用車販売台数が前年同月比0.3%減の27万9837台だったと発表した。前年実績を下回ったのは4カ月ぶり。ヒンズー教の大祭「ディワリ」が今年は10月中旬にあり、月末だった昨年より商戦が早く終わったのが響いた。

 インド市場で最大手のスズキ子会社マルチ・スズキは9.3%増の13万5128台。ほかの日本勢ではトヨタ自動車が伸びたものの、ホンダ、いすゞ自動車、日産自動車はいずれも減少した。

 商用車の販売台数は6.4%増の6万9793台だった。(クアラルンプール 共同)

Read more