神鋼、不正問題の報告書を公表 再発防止策として監査組織の新設盛り込む

 
データ改竄問題の原因と再発防止策についての記者会見に臨む神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=10日、東京都千代田区

 神戸製鋼所は10日、アルミニウム製品などの性能データ改竄(かいざん)問題に関し、原因究明の結果と再発防止策をまとめた報告書を公表した。原因として収益偏重の経営や閉鎖的な組織風土、契約の順守に対する意識の低下があったと結論付けた。また、監査組織の新設などを再発防止策として盛り込んだ。

 同日、都内で会見した川崎博也会長兼社長は「ご迷惑をおかけしお詫びします」と陳謝。これに先立って、川崎氏は経済産業省の多田明弘製造産業局長に報告を行った。

 川崎氏は原因について、「不正の大半を占めたアルミ・銅事業の現場では、収益貢献のため生産や納期を優先する風土があり不正の動機となった」と説明。「不正はかなり長期間にわたっていた」と指摘した。

 再発防止策としては、検査データ改竄は担当者が手書き入力する際に行われていたため、データを機械的に自動記録できるよう改善する。取締役会の諮問機関として「品質ガバナンス再構築検討委員会」を設置する。

 経営責任について、川崎氏は「しかるべき段階で判断する」と述べるにとどめた。

 神戸製鋼は、10月12日に経産省から1カ月をめどに原因究明結果などを報告するよう求められていた。これとは別に、神戸製鋼は弁護士で構成する外部調査委員会を設置しており、年内をめどに最終的な再発防止策を取りまとめる。

 ■神戸製鋼所が発表した原因と再発防止策のポイント

 ・性能データ改竄(かいざん)は複数の部署に広範囲な関与者がおり、長期にわたり継続

 ・原因は収益評価に偏った経営と閉鎖的組織風土、不十分な品質管理手続きなどと分析

 ・再発防止策として検査データの記録自動化や「品質監査部(仮称)」の設置による品質ガバナンス強化などを推進

 ・年内めどの外部調査委員会の報告を踏まえ、最終的な再発防止策を改めて検討する

 ・納入先企業525社のうち約9割にあたる474社の安全性を確認

Read more