明治安田生命、長寿化で保険料引き下げ 「団体定期保険」など4種類

 
明治安田生命保険の本社=東京都千代田区

 明治安田生命保険は10日、団体を通じて加入する死亡保険の保険料を来年4月に最大で約24%引き下げると発表した。長寿化を背景に、保険料を算定する際に使う「標準生命表」が改定されたため。個人で加入する保険も引き下げを検討する。他の生保も追随する見通し。

 対象は、会社員らが勤め先を通じて加入する「団体定期保険」や、死亡時に住宅ローンを返済する「団体信用生命保険」など4種類の商品。引き下げ率は年齢に応じて、男性は約10~24%、女性は約4~15%引き下げる。

 生保各社などでつくる団体「日本アクチュアリー会」が今年3月、標準生命表を見直し、生保各社は死亡保険をはじめとする各種の保険にどう反映させるかを検討していた。

Read more