東証1部、製造業けん引で2年ぶりに増収増益の見通し 1042社の9月中間決算集計

 
報道各社の棚に決算関連の資料を配る企業の担当者ら=10日、東京都中央区の東京証券取引所

 3月期決算企業の2017年9月中間決算の発表が10日、ピークを迎えた。SMBC日興証券が、9日までに発表した東京証券取引所1部上場の1042社(金融除く、全体の79.7%)を集計したところ、売上高や営業・経常・最終の各利益は前年同期を上回っており、9月中間決算としては15年以来2年ぶりに増収増益となる見通し。また各利益は2年ぶりに過去最高を更新する可能性がある。

 世界的な景気拡大や円安が主な要因。9日発表分までで売上高は前年同期比8.3%増の199兆1490億円、営業利益は15.2%増の16兆2770億円、経常利益は21.5%増の18兆4630億円、最終利益は23.3%増の12兆5530億円。決算発表を終えていない企業を勘案しても増収増益の見通しで、各利益は過去最高を更新するペースで推移している。

 製造業の経常利益は34.8%増で、非製造業の6.4%増に比べて伸びが顕著だ。業種別では、鉄鋼が約3.4倍に急回復。機械は63.4%増、電気機器は56.5%増と大きく増えた。

 18年3月期通期の業績予想を上方修正する企業も多く、9日までに303社が経常利益を引き上げ、下方修正の90社を圧倒した。

Read more