「Meal for Refugees(M4R)」~難民のふるさとの味を学食で~和泉・中野キャンパスで実施

提供:@Press
鶏肉とジャガイモのスパイス煮込み(和泉キャンパス)

明治大学公認サークルの「MIFO(Meiji International Friendship Organization)」は、難民のふるさとの味を伝える“Meal for Refugees”を12月4日(月)~12月8日(金)和泉キャンパスで、12月11日(月)~12月15日(金)中野キャンパスで実施します。

Meal for Refugees(M4R)は、認定NPO法人・難民支援協会(JAR)が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本『海を渡った故郷の味Flavours Without Borders』から生まれた社会貢献プロジェクト。日本に逃れてきた難民への関心・理解を学生に深めてもらうことを目的に、難民の家庭料理を学食で提供し、難民の故郷の味を学生食堂のメニューに導入する取り組みです。今回、和泉キャンパスではミャンマーの「鶏肉とジャガイモのスパイス煮込み」、中野キャンパスではパキスタンの「まろやかチキンカレー」を販売。1食につき20円をJARに寄付し、在日難民の生活・定住支援などに役立てます。

■ ☆実施詳細☆
和泉キャンパス
期間:2017年12月4日(月)~12月8日(金)/場所:和泉の杜(学生食堂)
販売メニュー:鶏肉とジャガイモのスパイス煮込み(ミャンマー)

中野キャンパス
期間:2017年12月11日(月)~12月15日(金)/場所:中野キャンパス食堂
販売メニュー:まろやかチキンカレー(パキスタン)

主 催:MIFO(Meiji International Friendship Organization)
共 催:認定NPO法人・難民支援協会(JAR)